境界・測量のエキスパート JFD土地家屋調査士法人

01土地建物測量登記

土地建物測量登記

建物表題登記

建物を新築したとき、または古くから建ってはいるがこれまで登記がされていなかった建物に初めてする登記になります。

建物表題変更登記

建物を増築・減築したとき、建物の用途や屋根の種類を変更したときに行う登記になります。

建物滅失登記

建物を取壊したときに登記記録を抹消する登記になります。

その他の建物登記

建物区分登記:1棟の建物を区分して数個の建物(区分建物)とする登記になります。
建物合併登記:数個ある建物登記を一つにまとめる登記になります。
建物分割登記:附属建物がある建物登記を分割してそれぞれを一つの登記に分ける登記になります。

土地分筆登記

土地の一部を分割して売買したい場合や相続によって土地を分ける場合に行う登記です。
(分筆登記をするためには、土地境界確定測量が行われていることが前提です。)

土地地目変更登記

農地だった土地に新しく建物を建築した場合や建物を取壊し駐車場へと利用状況が変わった場合等に行う登記です。

土地地積更正登記

土地境界確定測量を行った結果、登記記録の地積と相違があった場合に、正しい地積へ更正する登記になります。

その他の土地登記

土地表題登記:水路・里道・畦畔などの官有地(無番地)を払下げる時等に行う登記になります。
土地合筆登記:数筆ある土地を合せて一つの土地にする登記になります。

02土地境界確定

隣接土地所有者と土地境界の立会を行い、境界標の設置や筆界確認書の取り交わしなどにより境界を確定する業務で、土地分筆登記や土地地積更正登記を行う前提で必要となる場合があります。
土地境界確定を行っておけば、不動産取引や相続の際に手続きが迅速に行えます。
また境界を管理することで、お隣との境界に関するトラブルを防ぐことができます。

土地境界確定測量の流れ

土地境界確定測量の流れ

  1. 事前説明打合せ
  2. 法務局・役所調査
  3. 現地測量・境界調査
  4. 官有地(道路等)境界立会
    ※官有地(道路・水路等)と接する場合
  5. 民有地境界立会
  6. 境界標埋設
  7. 境界確認書調印
  8. 官民境界確定書交付
  9. 納品

TOPへ戻る